2019年 春の全国交通安全運動 (5/11~5/20)


スローガン: ~ とび出さない いったんとまって みぎひだり ~
運動重点:1 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢者運転の交通事故防止 2 自転車の安全利用の推進(特に「ちばサイクルール」の周知徹底) 3 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底 4 飲酒運転の根絶
入園・入学から1か月が経過し、新しい生活に慣れはじめた子供の交通事故の増加が懸念されます。また、依然として高齢者が関係する死亡事故の割合が高く、中でも歩行中の事故が多く発生しています。そこで、幼児・児童などに交通社会の一員としての自覚と交通ルール・マナーを身に付けさせるとともに、高齢者に対する保護・誘導活動を推進するなど、県民一人ひとりが交通ルールの遵守と交通マナーを実践することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的として実施します。